FC2ブログ

Welcome to my blog

Soleil Color&Interior Design-ソレイユのブログ-

山梨県を拠点に、インテリアコーディネーター・建築カラープランナー®として活動している飯塚奈津子のブログ。カラーやアートのこと、日々の暮らしやお仕事のことを綴っています。

 遮音するには

 ぐっと寒いですね〜
さて、先日、都内出張してきました。
お客様が所有するマンションが南青山にあるのですが、そちらにおじゃましてカーテンのお打ち合わせでした。
リビングと寝室のある間取りで、もちろんカーテンはすで掛かってはいますが、すぐ側に見える高速道路の騒音が気になるとのこと。
日中は気にならないのですが、夜間になると交通量が減るのでかえってスピードを出す車が増えてうるさいのだそうです。
そちらは以前、防音・断熱対策として内窓を取付け済みなのですが、やはり車の低いビューンといった音には効果が低かったようです。もちろん、断熱効果は実感できているようですが
そこで、あとはカーテンでどうにかならないか!?ということでご相談いただいたわけですが、はたしてどこまで遮音できるのか? 遮光もご希望。

まず、一番効果が高いのではないかと考えた提案。
?サッシ面にスミノエのサウンドガードを取り付けてから、今のレールを活かしてお好きなカーテンを。生地はベルベッドをお勧めしました。

*画像はメーカーさんからお借りしています。

でも、実際に現場をみたらこれはちょっと無理。
それに、質感がやはりね・・・ごっつい これはもはや、カーテンとは言えません!

?その次。いわゆる遮音性カーテン。たとえばこんな感じ。

−リターンも忘れずに付けて、少しでも音を軽減。−
こういった商品はわりと見ますが、それでもバリエーションは少ない。しかも硬いしごわごわだし、お世辞にも美しいとは言えません。機能性カーテンの宿命ね・・・
それと高音域には効果を発揮するようですが、低音域はあまり期待できないかも?

?そして3つ目。しっかりとした織りのベルベット生地を使い遮光裏地も付ける。リターンもね。

−国内メーカーのFEDEのものと、こちらのフランスのCASAMANCEのものをご提案しています。無地の光沢があるものがお好み。−
お客様は結局こちらのご提案で検討することになりました☆
どちらも良い素敵な生地ですが、画像のベルベット生地のほうが織り密度も高くて遮音性も少し高いと考えます。カラーバリエーションも豊富、椅子張りにも使えます。
これで遮音が完璧!とは言えませんが、機能と質感などのインテリア性、お好みを最大限満たせる選択肢なのかな、と思います。

ただいま、ご検討中なのですがどちらにされるか楽しみです。
そして、どこまで遮音できるのかも、ちょっとドキドキ。
音の問題って感じ方にもよりますし、どこまで求めるかということもあるので難しいですね。
...ちなみに、価格は後者の方が高いです〜

natsuko.i

0 Comments

Add your comment