FC2ブログ

Welcome to my blog

Soleil Color&Interior Design-ソレイユのブログ-

山梨県を拠点に、インテリアコーディネーター・建築カラープランナー®として活動している飯塚奈津子のブログ。カラーやアートのこと、日々の暮らしやお仕事のことを綴っています。

 遮熱を考える

梅雨に入ってからたくさん雨が降っていますが、太陽が出ればやはり暑くムシムシとしています。


熱中症の心配も高まる時期ですが、お家の遮熱対策はされていますか。
昨年もとても暑かったので、された方も多かったのではないでしょうか。
逆に、間に合わなかった方はちょうど今が考えるのに良い頃かも。

遮熱対策はやはり外からまず遮っていければ一番よいのでしょうが、それがお宅によっては叶わない場合ありますし、外観上の美観を損ねるといった理由もあるかもしれません。

それは住宅だけでなく、公共の場でも同じです。


5月に高齢者施設から依頼をお受けして、遮熱のアルミブラインドと遮熱生地(レース)のプリーツスクリーンをご提案しました。

サッシの大きさが住宅用と違って大きい、障子とサッシの間に取り付けたい、などなどいくつかの制約がありましたので、選択肢はかなり狭くなりました。
その後検討された結果、やはりブラインドの質感や遮られる感じなどがちょっと嫌だな、ということでで遮熱効果の高いガラスフィルムをご提案したところです。


そちらの施設は、今年で2回目の夏を迎えるまだ新しい建物なので、サッシももちろん断熱性の高いサッシが採用されています。

ですが、日中過ごされるのが高齢者の方であること、開口部が大きいことも相まって、熱中症がとても心配されています。


ご検討いただいてるところですが、できれば梅雨が明ける前には何かしらの対策をされたいですね。



そんなご相談もお受けしていますので、何かありましたらお気軽にどうぞ☆


−ガラスフィルムのサンプルー

暑さの原因である赤外線をどれだけカットできるか、でもそれによって透明感を大きく損なうのは困る。
ちょうどよいところでご提案。・・・でも価格はちょうどよくならない(汗)

natsuko.i

0 Comments

Add your comment