FC2ブログ

Welcome to my blog

Soleil Color&Interior Design-ソレイユのブログ-

山梨県を拠点に、インテリアコーディネーター・建築カラープランナー®として活動している飯塚奈津子のブログ。カラーやアートのこと、日々の暮らしやお仕事のことを綴っています。

 101号室 森のティーパーティー ?

前回はオープニングパーティーのことを書きました。

今日はリビングダイニングについてのお話を。

3室の共通テーマは「都会のなかの森」。
そして、私の担当した101号室のコンセプトは「森のティーパーティー」、インテリアイメージは「ガーリースタイル」です。

森にはクマが遊び、うさぎが跳びはね、鳥たちが楽しく歌う。
そこに遊びに来て想いもいにくつろぐ家族、可愛い女の子の声。
森、うさぎ、女の子、ときたら・・・そう、きっとそこにはアリスがいる。
それならみんなで楽しくお茶会でもしましょうよ!
そうです、『不思議な国のアリス』 アリスのティーパーティーからインテリアイメージをふくらませていきました。

ですが、甘く可愛くなりすぎず、落ち着きもある大人かわいい空間を目指しました。
35歳前後のご夫婦で(奥さまはインテリア好きで模様替えが趣味)と可愛い女の子の3人家族という設定です。
が。姉妹の二人が暮らす、なんていう生活もいいのかな?と勝手に考えています〜。

ちなみに102号室は「森で出会う動物や鳥たち」103号室は「森の洞窟」がコンセプト。
詳しくはこちらをご覧になってくださいね。

さて、それでは中をご案内。まず玄関を開けます、こんにちは〜

−お? 天井・・・?−

そうです、このお部屋の一番の冒険はこの花柄の壁紙を天井に採用したことです。
皆さん、入ってきたときに「わぁ〜」って驚かれていました。(やった〜\(^o^)/・・・ドヤ顔(笑))

テシードの国内在庫品の「アンナ フレンチ」のAT10091、玄関ホールからリビングダイニングと広範囲に貼りました。
今回3人でコンセプトやテーマを検討していく中で、発信というのもキーワードになっていました。

「柄の壁紙を天井に提案したことある?」 「ないよね」 「見たことある?」 「う〜ん、ないよね」
・・・じゃあそれ、柄! いこー! ってことで一致。 それで何となくガーリースタイルで提案することになったのですが、そこからこの柄に決まるまでは時間はかかりませんでした。
このペイントしたような花柄、見る角度によって光沢のあるシルバーに見えたりベージュのように見える花、ブルーグレー、ホワイトのグラデーション。優しいグリーンの葉っぱ。
私の一目ぼれでした、天井はこれでいく!

ある意味、この天井の壁紙を基準にすべてのコーディネートが進んだといってもよいかもしれません。
でも、現場サイドからは最初OKは出ませんでした。
そりゃそうだ、下地はきっとガタガタだろうし柄物だし、しかも輸入クロスだし。コストもすごくかかる。

私としても、圧迫感は出ないのか? 柄がうるさく感じないだろうか? 暗くなってしまうだろうか?など、貼ってみるまでは正直不安でしたよ、やっぱり。 いや、大丈夫!って確信していましたけれど(←根拠のない自信?(笑))

なので、貼り始めて姿を現した時の感動は忘れられません(笑)
実は貼る直前まで職人さんから「ほんとにこれ貼るんですか? 間違いない?」って聞かれましたけどね。

天井は基本的にすべて吹き付け仕上げで再塗装でしたが、ここだけはモルタルで下地処理してから貼っています。
なので、ほんとに下地は良くない。とても突きつけでは貼れないってことで、10ミリ重ねで仕上げていただきました。
最初は20ミリ?なんて話も出ましたが、それではさすがに柄あわせがおかしくなってしまうので、何とか10ミリで職人さんも頑張っていただきました。
ありがとうございます!

って、天井のことアツく語り過ぎ! 
リビングダイニングをくるっと見てみましょう〜


−お? うさぎも。ー
リビングのドアを開けるとうさぎがお出迎え。そしてその後ろにはラフな目地が印象的なアドヴァンのブリックタイル。
ここも皆さん、すごく反応されていました。壁紙だと思ったら本物だったという。
室内にこんなざくっとしたタイルを貼るなんて、と意外だったようですが、私としては皆さんの反応にかえって驚きました。

ちなみに、天井の花柄は汎用ルームには貼りませんが(その代わり、壁にアクセントとして柄の壁紙を貼ります)、このタイルは貼られますよ。



−リビングダイニングを見渡したところ。夜に撮影したのでちょっと雰囲気が違った感じになっています。−

−Before☆ この壁すべて取り払い、造作家具に必要な壁のみ新設しました。−

この部屋のみ、壁を取ってしまったので広く感じますね。だからパーティー会場になったのですが、皆さん違う間取りに感じたようで、一通りご覧になったあとでもう一度戻って確認される方も(*^_^*)


私たちも、同じ間取りなのにこうも違うイメージになるものかと驚いていたのですが、皆さんのそんな様子も何だか嬉しかったです。
楽しい〜っておっしゃっていただいたことも。

どうですか? 天井、まったく圧迫感もないし、かえって明るく感じてやさしい雰囲気になりました。
また、アクセントの濃いめのパープル(こちらもテシード)が大人っぽい色味で、淡いパープル(リリカラ)とほどよいグラデーションとなったのではないかと思います。


−ティーポット型のペンダント。−
これは青山にあるKINOというインテリアショップで販売していますが、これ家に買おう! 買いに行きます!っていう男性がいらっしゃいました!(^^)!

−100年以上前のアメリカの建物の天井材に使われていたというトタンのパネル。アンティーク、一点豪華主義です(笑)ー
H.P.DECOさんで出会いました。お隣のきらきらしたオーナメントも。
(実はぎりぎりまでこの壁に何を飾るのかノープランだったなんて誰にも言えませんが、出会えたからヨシとします)
マットとつやめき、相反するような気もしますが、このきらきらが女性らしい可愛らしさを出してくれているのかなと思いますよ。
ほかにもつやめき、あります☆


−手前のレースにはフレアバランス(縫製を担当してくださった方はサーキュラーフリルとおっしゃっていました)を縫いつけて、レースのリボンもくくりつけます。−

−カーテンはレース on レース。その奥に木製ブラインドを入れて、機能性も忘れません。レースも少しきらきら。−


−きらきらの魔法をかけるバトンとティアラも置いてパーティーを華やかに。 トランプの小箱も。−

−造作家具屋さんが、3人のために作ってくださった屋号入りのプレート。サプライズに感激しました。−

−パーティーだからね。ガーラントも忘れずに☆−
次回は寝室について書きますが、その前にもう1つありました! LD、盛りだくさんなので次回に持ち越し〜(笑)

natsuko.i

0 Comments

Add your comment